たぶん買い戻しタイミングは今ではない。

一言で今の気持ちをまとめれば、「今後のニュースフローが悪いので強気になることができない」。

S&P500は5月から続く50日移動平均線のサポートとした19日アノマリーで反発するかのように思われるが、今日20日現在で時間外だがCFDは4375ドルと割り込んでしまった。遅くとも今週中に50日移動平均線を奪還しないと、テクニカル的に今後は19日アノマリーは使えなくなる。

一方でナスダックでは、19日アノマリーは見えないので使いない。50日移動平均線も使えない事はないが、サポートとしてワークしていないので、信頼性は低いように思う。

19日アノマリーを使えば今は買い場到来のように思えるが、今日20日の動きを見る限りで売りでも買いでもどちらとも判断できる状況ではない。例えば、一旦大きく下げて50日移動平均線は使いないという認識を持つのか、上昇して50日移動平均線は使えるとの認識になるのか、それを判断できる値動きになってないように思える。

明後日22日にはFOMCの声明文も発表される。この時にテーパーシグナルがあるというのがコンセンサスなので株価には悪影響に思える。一方で、織り込み済みだから出尽くしで上がるとの意見もあるが、テーパーのスケジュールがはっきりしない以上何を織り込み済みなのか自分には分からない。もちろんテーパーシグナルをしない可能性もあるがその時は自分の予想が外れた(自分がバカだった)ということで諦めがつく。そのタイミングで買い戻せばいい話だ。もっとも、テーパーのスケジュールを後ろ倒しにしてもテーパーいずれ来るので、問題の先送りにしかなっていないのですんなり強気になる気分ではない。結果を見てからでいきたい。

エバーグランデも奇跡的にデフォルト回避となるようなシナリオはのぞみ薄だと思っている。こちらの材料も、織り込み済みと言う意見をよく聞くが、まだ誰がどのくらい損失を受け入れることになるのか分からないので、何を織り込んでいるのか分からない。中国政府がすぐにエバーグランデに手を差し伸べる形になればいいが、そうなるとは到底思えないので悪いニュースは引き続き続くように思える。ところでこの件は米国株には影響が少なそうなので、エバーグランデの話ばかりしても仕方ないなとも思う。

いわゆる金玉スゥ~の打診買いくらいしか戦略がない。S&P500が4000を試すくらい調整しないと、股間に清涼感は感じないと思う。

未分類

Posted by kittyomu