フリーポート・マクモラン(FCX)2020年第3四半期決算結果

2020年10月24日未分類

https://s22.q4cdn.com/529358580/files/doc_presentations/2020/FCX_3Q20_CC.pdf

https://s22.q4cdn.com/529358580/files/doc_news/2020/FCX_201022_3Q_2020_Earnings_Release.pdf

フリーポート・マクモラン(FCX)売上高予想37.1億ドルに対して結果38.51億ドル(売上高成長率前年同期比0.22%)でした。フリーポート・マクモラン(FCX)売上高予想37.1億ドルに対して結果38.51億ドル(売上高成長率前年同期比0.22%)でした。

売上高予想37.1億ドル
売上高結果38.51億ドル
売上高成長率0.22%
EPS予想0.2ドル
EPS結果0.29ドル

営業キャッシュフローマージンは32.1%でした。かなりいいと思います。

フリーポート・マクモランは、銅、金、モリブデンの採掘を行っています。以下の図は前期決算での生産量予想と今期の生産量です。生産は順調だと言えるでしょう。

以下の図は、銅、金、モリブデンの生産量の予想です。銅と金は生産量が増える予想になっています。

もともと、中国経済の減速により銅価格が低下し赤字になったりする企業なので、景気敏感株です。2,3倍くらいの上下は覚悟するべき銘柄であるように思います。

負債の返済を行いバランスシートの強化を行う局面なので、配当はまだまだ出そうにないと思います。

社風としては、ホームランか?空振り三振か?というような風潮が昔はありましたが、現在はCEOも変わっているので分かりません。しかし、足元の決算はいいのですから、仕込み時としてはアリかもしれません。