大統領選に向けてマーチン・マリエッタ・マテリアルズ(MLM)への投資を考える

マーチン・マリエッタ・マテリアルズは建築用の資材を扱う企業です。大統領選でインフラ投資が加速する流れになればこの企業ような建築資材を提供する企業は儲かります。

過去の決算結果

業績は右肩上がりに堅調と言えます。

マーチンマリエッタマテリアルズの決算結果(売上高)
マーチンマリエッタマテリアルズの決算結果

データはnon-GAAPなので、発表されていない場合は飛ばしています。

決算に基づく投資としては、まちまちな決算発表になっています。しかし、S&P500を構成するような大企業なので、そこまで問題視する必要はないと思います。

今期の決算もコロナウイルスがあったにも関わらず良かったと言えるでしょう。

チャートの分析

マーチンマリエッタマテリアルズのチャート

オールドエコノミーなのでそこまで注目される銘柄ではありません。なので、GAFAと比べればそんなにいい結果ではありません。しかし、コロナショックからの出遅れの状態と言えます。リバウンドに期待するのであれば十分に期待できるのではないかと思います。

狙うメインシナリオ

コロナにより景気は減速しました。そこで、公共事業への投資が拡大する可能性を考えます。こちらは、共和党でも民主党でも拡大する可能性があります。

そこで、公共事業の予算が拡大した時のシナリオとして、こちらのマーチンマリエッタマテリアルズへの投資を考えます。

また、株価的にも出遅れとなっているので、リバウンド狙いは成立すると考えています。2011年からの景気拡大局面でもこの銘柄は大きく値を伸ばしています。一回転狙いの旬な銘柄になる可能性が大統領選までにあると思います。

しかし、投資タイミングが全く分かりません。