バルチック海運指数に注目して海運株で一発ドカンと当てたい!

ばら積み貨物船
ばら積み貨物船

バルチック海運指数とはなにか?

バルチック海運指数指数とは、ばら積み貨物船の輸送代が高いか安いかの指標です。つまり船賃がいくらなのか?という指数になります。

バルチック海運指数が上がれば、船代も上がり、海運株が上昇する傾向にあります。

バルチック海運指数の変動する要因

日々の変動は需要と供給によるものです。こちらも重要ですが、大きな変動には理由があります。

例えば米中貿易戦争から、輸入を行っている国の経済の強さなどがあります。

また原油価格とも関連があります原油が上がれば輸送費が上がり指数も上昇します。さらには、中東情勢とも関係があります。イラクなどが騒いでいたら、原油価格にも影響します。つまり、景気が良さそうな事があればバルチック海運指数も上昇すると考えていいです。

バルチック海運指数の近年の動向

以下の図は、ここ5年間のバルチック海運指数の価格です。

リーマンショック前は中国の輸入がおおく、一時は1万を超えていましたが、現在は落ち着いております。2019年に上がった理由は、硫黄の排出規制が厳しくなるため設備投資に追われたことが背景にあります。この硫黄の規制は2020年スタートでした。

その後は、コロナショックで下がり続けて、現在は例年の水準まで戻っております。

注目ポイント

大統領選が2020年11月に行われます。もし、トランプ敗北しバイデン勝利のシナリオなら貿易摩擦が終わる可能性があり、海運の需要が高まる可能性があります。

海運は設備投資が一通り終わった業界になるので、これからが稼ぎ時となる転換期と言えます。

コロナショックで需要が激減した出戻りのタイミングと言えます。

なんでこの記事を書いたの?

現在スターバルクキャリアーズという株に投資しています。こちらの会社はばら積み貨物船の運用を行っています。こちらの調子があまり良くないので調べていました。

詳しい話は以下の記事を参考にしてください。