モデルナのワクチンがアメリカから1億回分受注した。

2020年8月12日投資と株MRNA

https://www.marketwatch.com/story/moderna-stock-pops-after-agreeing-to-sell-at-least-100-million-covid-19-vaccine-doses-to-us-government-2020-08-11?mod=home-page

モデルナのワクチンがアメリカ政府から1億回分受注されました。今回の契約金は15.25億ドルです。

これまでにアメリカ政府から受け取った金額は9.55億ドルです。合わせて24.8億ドルを受け取っています。つまり、1ドーズあたり24.8ドルとなります。バイオンテック/ファイザーのワクチン価格は19.5ドルだったので、それよりも5.3ドル値段が高いです。

さらなるニュースを待つべき?

今回のニュースは、バイオンテックの時と同じパターンと考えることができます、ただし公募はありませんので今のところは心配しなくても大丈夫でしょう。

これから期待されるニュースは、

  • ワクチン失敗/成功
  • さらなる大量発注(アメリカは残り4億回)
  • 他国からの発注

などが考えられます。ワクチン失敗ならタイムリミットは9月中旬からなので、それまでにポジションを整理することを考えなければいけません。

上値は何ドルくらいで考えるべきか?

今月中は95ドルを超えることができれば御の字だと思います。現在の時価総額は284億ドル(株価68.97ドルの時)です。

期待される発注の規模から考えると、PSR(売上高)は他の成長株と比べても割安感はあります。ただし、この指標はあまりにも当てにならない。バイオンテックよりも割安です。

チャート分析

モデルナのチャート
モデルナのチャート(日足)

モデルナは2020/08/11、68.97ドルで引けました。その後、アフターマケットでは、77ドル付近で取引されました。およそ12%高です。アフターマケットなので、参考程度にしかなりませんが。

さて、今後上昇トレンドになるとすれば直近の高値の95.21ドルを超えるかどうかに注目するべきでしょう。それ以外は、あまり意味のある値動きではありません。今回の発注のニュースでそれを超えるのであれば、まだまだ上昇トレンドは続いていると思います。しかし、80ドル付近に留まるようであれば、売り抜ける作戦も考えるべきではないかと思います。

今後の戦略

今日95ドルを超えないなら売りという判断もおかしはない。最近はモデルナの株価の上昇スピードが下がってきているので、他に乗り換えた方がいいかもしれない。

バイオンテックなど、他のワクチン関連銘柄も下がっているので、これが一時的なのか長期的なのか分からない。トレンド的には一度下がってしまった。しかし、ストーリーは全く終わっていない。

以上を踏まえて

短期的なら

2020/08/12今日も80ドル前後になるなら売るべき。95ドルを超えるならホールド継続

第三相臨床試験の結果をまたぐのなら

ホールドでOK